自己処理のデメリット

パーツによって剃り残しが目立ってしまうことがある

ムダ毛の自己処理は費用がそれほど掛からないという魅力がありますが、フェイスラインや背中などパーツによって剃り残しが目立ちやすいといったデメリットがあります。特に、カミソリや毛抜きなどは皮膚や毛穴を傷つけるリスクが高いため、使用を最小限にとどめることがポイントです。また、ワックスやクリームなどは初心者でも使いやすいものの、肌質によって皮膚が赤くなったりかゆみが気になったりすることがあるため、慎重に自己処理に使えるアイテムを見極めることが重要です。最近では、医師が開発に携わったスキンケア用品も続々と登場しており、剃り残しをなるべく少なくしたい場合には、売れ筋商品の使用方法や効果の程度などをじっくりと比較することが大切です。

埋没毛などの自己処理に特有のトラブルが起こることもある

ムダ毛の自己処理の方法によっては、埋没毛をはじめとした特有のトラブルの原因となることがあり、ムダ毛が余計に目立ってしまうケースも珍しくありません。中でも、肌質が弱い人やムダ毛の本数が多い人は、誤った方法で自己処理をすることで、慢性的に肌荒れに悩まされることもあるため、時間を掛けて自分に合う方法を見つけることが肝心です。また、自己処理の問題に対処をするうえで、自分で対処が難しいパーツに限りエステやクリニックでケアをしたり、肌の状態に応じて色々なタイプのセルフケアのアイテムを使い分けたりすることもおすすめです。その他、時間があれば実際に自己処理を長く続けている人の体験談に目を通しておくこともおすすめです。