医療レーザー脱毛のデメリット

施術が完了するまでに一年ほどの期間が必要

医療レーザー脱毛は、数ある脱毛方法の中でも優れた効果を得られるものの、一通りの施術が終わるまでに一年ほどの期間が掛かるというデメリットもあります。例えば、仕事や学校がなかなか休めない人や、肌トラブルを抱えている人などは、通常よりも通院期間が長くなることがあるため、じっくりと通院のスケジュールを考える必要があります。また、クリニックによっては施術の後にアフターケアが行われるところもあり、トータルで一年半ほど通院をしている人も多くいます。そこで、スムーズに医療レーザー脱毛を終えるうえで、性能の良い最新型の機器を使った施術に申し込めるところや、腕利きの美容外科の医師や看護師が揃っているところを見つけることがポイントです。

部位によっては高額な費用が掛かることがある

レーザー脱毛の施術に掛かる費用は、部位によって違いがありますが、顔やVIOライン、背中などのケアに時間が掛かるところは、高額な出費が発生する傾向が見られます。また、埋没毛や産毛などのケアも同時に希望する場合には、追加で数万円から十万円ほどの費用が掛かることもあり、少なからず家計を圧迫するという問題点があります。そこで、余計な費用を少なくするため、部位によらず一律の施術料金が設定されているところや、通い放題のコースが用意されているところを選ぶことがおすすめです。その他、各クリニックの初回限定のお試しコースやキャンペーンなどを利用することで、通常よりもリーズナブルな料金でレーザー脱毛を始めることが可能です。

脱毛のキャンペーンは、表示されている料金よりも安く脱毛コースを契約することが出来たり、プレゼントが貰えたりするお得なサービスです。